So-net無料ブログ作成

今さら聞けない 出木杉君の下の名前は?? [アニメ]

今さら聞けない 出木杉君の下の名前は??


ドラえもんのサブキャラとして人気の高い『出木杉君』。


はて、出木杉君の下の名前ってなんだっけ??


スポンサーリンク







ドラえもんに出てくる、
文武両道の天才少年。

出木杉君の下の名前ってなんだっけ??





出木杉君の下の名前については
Wikipediaにこう記してありました。


出木杉の下の名前は、
22巻収録『税金鳥』にて「太郎」の名で初登場した。

その後、23巻収録『透視シールで大ピンチ』で、
はがきの宛名に「英才」(ルビなし)と書かれる。

しばらくして、それを受けて、
『税金鳥』の改版で「太郎」が
「英才」(ルビは「えいさい」)に書き換えられた。


その後、小学館から発行された書籍『ド・ラ・カルト 〜ドラえもん通の本〜』において、
「英才の息子は『ヒデヨ』である。 このことから『英才』は『ヒデトシ』と読むのが正しいのではないか」
という説が書かれた。
この説が公になったことにより、
それ以降に発行された単行本では
「えいさい」から「ひでとし」に修正されている。


この説は『税金鳥』だけではなく、
各種百科などの関連書籍やテレビアニメでも幅広く取り入れられている。

しかし、藤子プロ公式サイトのみ
「名前は出木杉英才(できすぎえいさい)。英才は(ひでとし)という説もあるよ」との立場を取っているため、
藤子プロ公式サイトを除けばほぼ統一されている。


出木杉の初登場は「コロコロコミック」1979年9月号掲載の
『ドラえもんとドラミちゃん』だが、
その時は「明智」(「あけち」と読む)と呼ばれていた(文庫版「ドラミ編」および、
てんとう虫コミックス「ドラえもんプラス」4巻への収録時には「明智」が「出木杉」に修正されている)。



へぇ〜、最初『太郎』だったんですね!

その後、『英才』になるも、読み方が『えいさい』だったり、『ひでとし』だったり。

息子が『ひでよ』だから『ひでとし』って説はしっくりくる気がしますね。


それにしても、『明智』って誰やねん、、、笑


スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。